生姜灸

生姜灸

生姜灸で用意するもの

生姜灸

  • 生姜 太さが35mm以上あると良い
  • もぐさ 最近はネットで購入できるようです。
  • 線香
  • バケツかタライ

生姜灸の手順

生姜灸を腹部にしているところ

  1. 生姜の皮を剥かずそのままで3ミリくらいの厚さの輪切りにします。
  2. 寝ている病人のへその上やお腹全体に生姜の輪切りを乗せます。
  3. 腸閉塞の部位が分かっている場合にはその部位の上の皮膚に乗せます。
  4. 温灸用の“あらもぐさ”を手のひらの中でお団子をこねるように丸め、それをちょっとつまんで円錐状にします。そしてそれをそれぞれの生姜の上に載せます。
  5. 上に載せたもぐさが輪切り状の生姜からはみ出ていると火傷をさせる場合があるので気をつけます。
  6. もぐさに線香で火をつけます。もうもうと煙が立ち昇ります。(上写真)
  7. だんだん生姜が熱くなってきます。我慢できなくなったら生姜ごと取ります。
  8. 取った生姜灸は水を張ったバケツかタライに放り込んで火を消します。