びわの葉温灸Q&A

Q: びわの葉温灸はどんな症状に効きますか?
もっとも効果があるのが「痛み」です。がんの部位の痛みにはもちろん、骨転移の痛みにもとても良く効きます。
腫瘍が小さくなったり消失した例もあります。
抗がん剤の副作用でムカツキがあったり食欲不振になることは多いのですが、びわの葉温灸をみぞおちやお腹回りにすることでほとんどのムカツキは消えます。さらに温灸をしている最中からお腹が鳴り出し(腸の蠕動運動が活発化し)、治療終了後、お腹がすいたと言う方もいます。人は食べないと身体を治せません。食欲を回復できる治療は大事だと思います。
Q: びわの葉温灸をしてはいけない場所はありますか?
手術痕の部位は注意しましょう。皮膚感覚が鈍く、温熱を感じ難いため火傷させる場合があります。
がんの潰瘍化した部分は避けましょう。潰瘍が熱刺激で悪化する場合があります。
正常な皮膚ならしてはいけない場所はほとんどありませんが「目の周り」や口唇、陰部など「粘膜」部分は敏感なので避けたほうがいいでしょう。
Q: びわの葉温灸するときの患者の姿勢は?
当院では肝臓を最初にびわの葉温灸で温めたいので、仰向けから始めています。もちろんこの姿勢が取れる場合です。
仰向け→うつ伏せの順で行っています。
横向きの方が楽なときは横向きでいいのです。患者本人が苦痛のない姿勢でびわの葉温灸をしてください。苦しい、痛い姿勢を我慢しながらするのはあまり効果がないでしょう。
Q:びわの葉温灸をする順番を教えてください。身体のどこから温灸を始めたらいいのでしょうか?
当院のびわの葉温灸ではどんながん患者さんでもまず肝臓を温めることから始めています。痛いところがあるとついそこを先にしたくなるのが人情ですが、そこをちょっと我慢して頂いて、まずは右横腹部分の肝臓の部位を温めることを優先しています。
肝臓は体の化学工場です。食べ物の成分を代謝したり、体に入ってきた有毒物質を解毒、分解する臓器です。肝臓を温めることで代謝が活発になり、身体の解毒排泄作用が高まるのです。
Q: びわの葉を洗うのは使う1時間ほど前でもよいのでしょうか。直前に洗ったため葉が冷たく病人は不快ということでした。1時間ほど前に洗って乾かして室温に戻したほうが、不快感はなくなると考えます。それとも葉が湿ってなくてはならないのでしょうか?
葉は湿った状態で使うほうがいいと思っています。乾いたものよりも効果があるようです。冷たい濡れた葉をいきなり肌に押し付けられたら誰でも気持ちのいいものではありません。ですから私は肌に当てる直前に濡れた葉っぱを両手で挟んで温めています。
このとき心の中で葉っぱに対し「ほんとうにありがとうございます。この方の○○(症状など)を取るために身を挺してくださって本当にありがとうございます」と私は唱えています。お祈りをすると葉っぱはどっしりとして効果が高いようです。実はこれが成否のすべてかもしれません。
Q: 葉っぱ一枚で全身の温灸をできますか?
いいえ。一度棒もぐさを当てた部分の葉は一見何も変わっていないようですが生気(あるいは成分)は既に患者さんの体内に取り込まれているはずです。ですから葉の同じ部分を何度も温灸してもあまり効果はないと思います。
Q: びわの葉温灸で使い終わったびわの葉がもったいないです。なにかに使えませんか?
“びわの葉風呂”はいかがでしょう?とてもとても身体が温まります。前にいらしていた子宮がんの患者さんですが、夏でも足首に氷枕を当てているように足が冷えているという方がいらっしゃいましたが、お勧めしたびわの葉風呂に入ったところ、「たちどころに足首の氷枕がなくなった」と仰っていました。
方法は洗って汚れを落とした10枚程度のびわの葉を洗濯ネットに入れて湯船に入れるだけです。そうしますとだんだんお湯の色が茶色く染まってきます。追い炊きのできる浴槽でしたら2~3日お風呂のお湯を替えずにびわの葉を入れたままにしておくといっそう効果的です。
ただ難点としては湯船が茶色に染まってしまう場合があるので、しっかり浴槽を磨いて茶渋のような色を落とす必要があることです。
びわの葉風呂のほかに「びわの葉エキス」の材料にすることもできます。
Q: 温灸したあと葉が黒くなることがありますがこれはなんでしょう?
私の拙い経験では葉が黒くなるのは熱に長時間さらされた時か、水に長時間漬けておいた時、あるいは採集してから時間が経過した葉で見られるようです。ですから特に強く熱が伝わったため化学変化を起こして黒くなったのではないでしょうか?
「これは身体から抜けた毒素のためです」という説明を聞いたことがありますが、真偽のほどはいまのところ私はわかりません。

Q: 治療院では熱く感じたのに、家に帰って家族にしてもらうと、あまり熱く感じません。やり方が悪いのでしょうか?
買ったばかりのびわの葉温灸セットを初めて使うとき、おろしたてのもぐさ棒は火をつけて煙が出始めても、まだ炭の状態になっていないので、体に押し付けると火が消えて弱くなり、あまり熱く感じません。
このような場合には、火を付けたおろしたてのもぐさ棒をトレイに寝かせ、しばらく火のついたまま3~4分くらい放置します(炎は消えており煙だけ出ている状態です)。その後、先端をトレイに押し付けるなどして、火がついてふわふわに膨らんでいるもぐさ棒の先端を押し潰して圧縮し、さらにキャップをして消火します。
この状態にしてから、再度火をつけて使用します。こうすれば、炭の状態から使うことができるので、熱い温灸をすることができます。


このページはご質問を頂くたびに追加、更新してまいります。
Q&Aの最終更新日 : 2010-08-01